2019年05月12日

先週の嬉しかったこと。 ~次男とのやりとりから~

2019.05.12 Sunday
Good morning

~ 先週の嬉しかったこと ~
水曜日の 夕食時に、
次男(ダウン症)から、相談がありました。

<5/8水曜日夜>
次男(R):『Tカードをなくしてしまったんだけど、
どうしたらよいかなあ』
私(M):『最後に 使ったのはどこなの』
R:『昨日仕事の帰りに清水駅中のw店で買い物をした時』
M:『レシートをみせてよ』
R:『これだよ』
M:『ほんとだ、ポイント1111円ついてるね』
R:『それじゃ、私がW店に電話をしてカードが忘れてなかったか、電話で聞いてあげるよ』
 W点にレシートを見ながら電話。
 店員Iに照会。
M:「『現時点点では、忘れ物、落とし物の確認はされていないとのことだよ。もういちど明日、W店によって、聞いてみたらどう。それでなかったら。警察の落とし物係の人に照会してみようよ。』
R:『わかった。1111円。もったいないものね』

<5/9木曜日夜>
M:『今日は、仕事はどうだったの。それからTカードの件はどうだった、、、』
R:『きょうはね。S先生ご家族がお店に来てくれたよ。パンをたくさん購入してくれた。それから、Tカードはあったよ。』
M:『そう。S先生がきてくれたんだ。よかったね。
 TカードはW店にあったの』
R:『W店には無かったので、駅前の交番に忘れ物はなかったかと聞きにいったんだ。そうしたら、清水署にあずけられていることがはっきりしたんだ。それで、その後、障害者手帳と印鑑をもって、清水署にでかけてもらってきたよ』
M:『すごい。R、よく、自分ひとりで出来たね。』
R:『前に、財布をバスの中に忘れた時に、母さんについてもらい警察にいったことがあるので、様子はわかったいたんだよ』
M:『ところで、警察に届けてくれた人にお礼を言わなくてはいけないよね。警察のひとは、何か言っていなかった?』
R:『そうだよね。それで、警察の人に僕が聞いたんだけど、拾ってくれた人はお礼は結構と、言っていたそうだよ。』
M:『それからね。また、こんなことになったら困るから、Tカードを置く場所を、ルルカカードをいれているケースにかえたよ』

正直、一連の様子を自身ありげに話す彼の様子に、たのもしさを感じました。
私も、妻も胸が熱くなりました。

先月から、17年間通所していたB型支援事業所から
前から憧れていた事業所に通所し始めましたが、
この職場の雰囲気、仕事の内容(パン・クッキーの製造販売)が気に入った様子で、日々の生活、仕事に対する意欲や姿勢にプラスの効果がでている様子。

今回の事業所の変更は、数多くの方々のサポートにより実現できました。
チャレンジして、本当に良かったと感じています。

より豊かな生活を、より豊かな人生をもとめて、
チャレンジしていくことの大切さ、
を、彼から教えられた気がします。

マイノリティーであろうが、マジョリテイーがあろうが、
すべての人々が、自らのより豊かな人生を求めることをサポートする社会システムが用意されていること、

そして、そうしたシステムを活用しながら、人が人として、成長していくことができる社会を実現していけたらよいな。
と改めて感じています。


940912_464175356996235_34644972_n.jpg


posted by miikun at 09:00| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。