2019年10月12日

関西電力の内部統制に関して思うこと

2019.10.6 Sunday
Goodmorning FB投稿記事から

関西電力の内部統制に関して思うこと

私は某法人組織の監査役職を担当させて頂いている。
今回の関西電力に関する報道情報から、
会社法で定められている内部統制、ガバナンスに大きな問題があると感じているのは私ひとりではなかろう。
執行役員他幹部の品位に関しては論外、、。

とりわけ、
監査業務を担っているひとりとして、
関西電力の監査役会ならびにここの監査役の「権限と責任」
に関する機能不全を感じざるをえないし、同じ職につくものとして、怒りを感じる。

ありえない話ではあるが、もし私が、この組織の監査役の職に就いていたとしたら、少なくとも報道されている行動とは異なった対応をしていたと言い切れる。

会社法、組織の監査業務に関する規定類の本質を正しく理解していたとしたら、ありえない行為であり、
同じ職につくものとして、許せない行為である。

内部統制における監査機能の重要性を
あらためて感じている。
こころしてこれからも業務にあたっていきたい。

<参考>
◎関西電力HPから
経営方針
コーポレート・ガバナンス
https://www.kepco.co.jp/ir/policy/governance/index.html
から

・監査の独立性・透明性・健全性確保:
監査役は、取締役会に出席し、意見を述べ、取締役などから経営上の重要事項に関する説明を聴取するとともに、業務の適正を確保するための体制の整備状況を監視・検証するなど、取締役の職務執行について適法性・妥当性の観点から監査をおこなっています。

◎会社法382条(監査役の取締役会への報告義務):
第382条
監査役は、取締役が不正の行為をし、若しくは当該行為をするおそれがあると認めるとき、又は法令若しくは定款に違反する事実若しくは著しく不当な事実があると認めるときは、遅滞なく、その旨を取締役(取締役会設置会社にあっては、取締役会)に報告しなければならない。

◎最近の報道
・朝日
「違法でないので」関電監査役、金品受領1年報告せず
10/5(土) 20:38配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl

・Yahoo
関西電力金品受け取り問題 社内調査の報告に監査役会「問題ない」
10/4(金) 18:38配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191004-00000067-ytv-l27

・NHK
関西 NEWS WEB
関電監査役会おおむね妥当と結論
10月04日 12時03分
https://www3.nhk.or.jp/kansai-news/20191004/2000020845.html

・時事通信社
関電監査役、社内調査後に問題把握=「違法性なし」と判断
10/4(金) 11:16配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl




10526009_475354715900532_1312642148202094262_n.jpg



posted by miikun at 10:16| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2019年09月12日

第4回北の茶縁日和に参加して

2019.09.10 Tuesday
Goodafternoon

昼の時間帯、
パンと焼き菓子の店tomoにきました。

先週の札幌への出張(第4回北の茶縁日和に参加)には、
次男がお世話になっている就労支援事業所Tomoのクッキーを持参しました。

参加した イベント会場では、
清水産の幸せのお茶まちこの和紅茶 とセッで 私の知人友人 や一般のお客様に味わっていただきました。

北海道産のよつ葉バター を使ったtomoのクッキー。

まちこの和紅茶との相性も良く 、
皆さんに喜んで頂きました。

北海道の皆さんは 北海道産のよつ葉バターを tomoのクッキー の原料として 扱っていてくれることに、
感謝とつながりの気持ちを 、
言葉で表してくれました。
その反応を目の前にして 私は胸が熱くなりました。

このことを 日々、
ともの工房で一生懸命クッキー作りに励んでいる 皆さんにどうしてもお伝えしたくて 今日昼休みの貴重な時間を いただき、
十勝産の クッキーとともに 私の言葉で 北海道の仲間の思いをtomoの仲間の皆さんに伝えさせていただきました。

NHK 朝の連続ドラマ夏空に、
清水出身の女優 広瀬すずさんが 主演で出演してることもあり、
札幌での交流は 盛り上がりました。

こんなことも話をさせていただきました。

SDgs の取り組みが 少しずつ広がっていくなか、 
自分は 何ができるか 自問しながら これからも 社会とのつながりをもっていきたいとあらためて感じております。

私はこんな気持ちにさせてくれた
Tomoのみなさん。
北海道の皆さん。
ありがとうございます。
これからもこんな繋がりをたくさんもっていきたいと改めて思っています。

69801202_2465668843513533_7998074062658076672_n.jpg

69901630_2465668883513529_1694115915370594304_n.jpg

70515832_2465668906846860_3763852975911469056_n.jpg

69990010_2465668936846857_3462797994917625856_n.jpg



posted by miikun at 14:14| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2019年08月13日

盆休暇で家族がつかの間の再会。思うこと。

2019.08.13 Tuesday
Goodmorning

 それぞれ独立しているこどもたちが盆休みで帰省。
昨晩は久しぶりに家族全員が揃い、自宅で夕食をともにしました。
 私は、1998年に父親を、2000年に母親を亡くしていますが、父・母・私達夫婦・4人のこどもたちの計8人でのにぎやかな食事の様子が思い出されました。

17年前のBlogに目を通してみました。

人生には限りがあること。
こどもたちとの関係も含めて、自分の人生のまとめも意識しながら、より豊かなシニアライフを過ごしたいと、あらためて感じています。

<17年前のBlogから>
Akahori’s Information Clip №70
http://www.jasnet21.com/~akahori3/70.htm

2002.08.12発行 赤堀三代治
-----------------------------------------------------------------------------------
■「母とすごした夏の時間」
-----------------------------------------------------------------------------------

 うだるような猛暑のなか、明日から旧盆である。外に出て照り付ける太陽に目を細める瞬間、母のことを思い出すひとときがある。

 ひとつは2年前の夏のことである。この年の5月に母が末期の肝臓ガンであることが判明。本人の希望もあり、6-7月は自宅療養するも、病状の進行と痛みに耐えられず、7月末には総合病院の重症患者病棟に入院。自らの命の時間を悟っていたのであろう。7月末に入院のため家を後にした時の淋しげな母の顔が忘れられない。私は家族と交替で看護のため病院に宿泊。そして翌日病院から出勤。そんな日々であった。あの時の母の痛みに耐える顔が太陽の照りつけと重なり、私の心にふと投影される。母はその後昏睡状態に入り、8月29日息を引き取った。平成10年5月に父が80歳と100日で他界したが、母も全く同じ時間を生きぬきこの世を去ったのも母の父への強い思いを感じさせる。父が病院で亡くなったこともあり、母は「私は死ぬ時は家の畳みの上で死にたい」と生前もらしていたが、願いをかなえてあげることは出来なかったとことが悔やまれる。
 
 もうひとつの思い出は、たのしい思い出である。幼少の頃、お盆休みを毎年母の実家で過ごしたこと。母の実家は庵原の奥の伊左布という集落で、大きなミカン農家である。当時ミカン農家は裕福で、水田と蔬菜で生計をたて貧しかったわが家とは経済状態がまったく異なっていた。母方の祖父からおこづかいをもらえたこと。当時家では食べれなかったごちそうを食べれたこと。そして何よりも、きれいで冷たい川で遊べたこと、セミとりやカブトムシがたくさんとれたこと。家の中まで入ってきたホタルのあたたかな輝き。楽しい思いでばかりである。お盆がくることが待ち遠しくて、バスに乗り母の実家へでかけた時のあの心のときめきを忘れることはない。

 大人になってからは、私の言動にうるさく干渉してくる母の存在がうとましく、正直なところうんざりしていた時期もあったが、今となってはそれもひとつの思い出である。

 自らが50歳を過ぎた今。自分のこどもたちとどういう時間の共有できてきたか、これからどういう形でこどもたちと関わっていくのか。ふと考えさせられるこの頃である。人間はいつかは必ず死を迎える。自分がこの世から去った後、どんなんかたちでこどもの心に自分の姿を残すことができるか。今は亡き父や母は、思い出をとおして、私にそっと教えてくれている気がしてならない。



ドクタービレッジ.jpg




posted by miikun at 10:17| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。